MENU

【これで解決!】大学の教科書、買わないのはアリ?買わなくて済む3つの方法

2020 5/20
【これで解決!】大学の教科書、買わないのはアリ?買わなくて済む3つの方法
ペンギンのアイコン画像ペンギン

大学の教科書高すぎる…。買わないとダメかな?買わなくて済む方法ってないかな?遊ぶお金がなくなっちゃうよ〜(泣)

↑って感じの方におすすめの記事です。

こんにちは。クジラノスズキカです。

大学の教科書、高いですよね。

大学生はいろいろお金がかかるので大変です。その分、バイトしないといけないのもしんどいですし…。

本記事の内容

①高い大学の教科書は買わないといけないのか?

②大学の教科書を買わなくて済む3つの方法

③大学の教科書を買わなくて良い授業の見分け方

筆者も大学の教科書代は4年間でかなり節約しました。

その全てをこの記事に書いています。

大学の教科書が高くて困っている方のお役に立てると思います。

ぜひ最後まで読んでみてください!

大学の教科書代を節約したい方は、以下の記事もおすすめです。

大学の教科書をお得に売る方法について書いています。

大学の教科書を高く売る3つのコツと4つの方法!おすすめの買取業者はどこ?

目次

大学の教科書を買わないのはアリ?

結論:大学の教科書を買わないのはアリ

まず、結論ですが、大学の教科書を買わないのは、アリです。

「買ってください」って言われたら、買わないといけないような気がしてきますが、そんなことないです。

特に、大学に入りたての頃は、「大学の教科書は全て買わないといけない」って思いがちです。

私もそうでした。

結果として、必要のない教科書も買ってしまい、その分バイトしないといけなかったり、遊ぶお金が…ってなったりしました。

大学の学年が上がっていくにつれて、だんだん、「これは必要な教科書」とか「これは必要ないな」ってことがわかるようになってきます。

「じゃあ最初はある程度、必要ない教科書を買っても仕方ないか…。」って思った方、そんなことないです。

そこら辺の見分け方は、この記事に全て書いてあります

大学1,2年の段階で、この記事を見つけた方は、ラッキーです。

大学3,4年の方も、今からでも遅くないので、節約していきましょう。

いろいろな単位の取り方がある

そもそも、大学の教科書は、何のために買うのでしょうか?

目的なく、ただ「買えと言われたから」買っているのだと、必要のない教科書まで買ってしまいます。

結論としては、「単位を取るため」です。

そして、単位を取るという目的に対して、手段は教科書を買うことだけではありません。

例えば、レポートなら教科書は買わないのもアリです。

試験でも、授業に真面目に出るも良し、一夜漬けで乗り切るも良し、同じ1単位です。

もちろん、「しっかり勉強したい」という目的があるのでしたら、教科書を買うのは有効な手段です。

大事なのは、「なんかみんな買っているから買う」のではなく、「主体的に目的を持って大学の教科書を買う」ということです。

大学の教科書を買うのは手段であり、目的ではない

楽したいなら大学の教科書を買う

一方で、大学の教科書を買うメリットもありまして、それは、「大学の教科書を買うのが、単位を取る上で1番楽な方法である」ということです

単位を取る方法は、いろいろありますが、結局は、教科書を買っておくのが、1番近道かなと思います。

教科書を買っておけば、授業を休んでも、自分で勉強しやすいですし、一夜漬けの強い味方にもなってくれます。

特に、以下のような場合には、特におすすめです。

  1. その教授の教科書を使っている場合
  2. 試験の配点が大きい場合

以下で補足していきます。

その教授の教科書を使っている場合

大学の授業を担当する教授が書いている教科書を使っている場合は、特に、大学の教科書を買っておくのが得策です。

その教授が書いている教科書ということは、授業の内容(試験の内容)と教科書の内容が、かなり近い可能性が高いです。

このような場合は、大学の教科書を買っておくと、わりと役立つかなと思います。

試験の配点が大きい場合

あとは、試験の配点が大きい授業も、教科書を買っておくのが得策です。

逆に、レポートの配点が大きい授業は、わりと教科書を買わなくてもなんとかなったりします。

買った教科書は売りましょう。売ればいくらかお金になりますからね。
以下の記事で教科書をお得に売る方法を解説しています。

大学の教科書を高く売る3つのコツと4つの方法!おすすめの買取業者はどこ?

大学の教科書を買わないで済む3つの方法

ここからは、大学の教科書を買わないで済む3つの方法を紹介していきます。

わりと使える方法だと思いますので、うまく活用して、節約してみてください。

結論としては、以下の3つです。

  1. 大学の教科書を買わないで、貰う
  2. 大学の教科書を買わないで、図書館で借りる
  3. 大学の教科書を買わなくて良い授業を取る

以下で補足していきます。

大学の教科書を買わないで、貰う

まず、1番シンプルなのが、大学の教科書を買わないで、貰うという方法です。

友達や先輩に貰いましょう。

アドバイスとしては、早い方が良いです。他の人に先に貰われてしまったらもらえませんからね。

あとは、こういう時のためにも、連絡の取れる知り合いは多い方が良いかもしれません。

大学の教科書を買わないで、図書館で借りる

あとは、大学の教科書を買わないで図書館で借りるという方法もあります。

借りれば買わなくて済みますからね。

これも、貰う場合と同じで、早めに動きましょう。他の人に借りられてしまったら、借りることができないですからね。

だいたいの教科書は、大学の図書館にあったりします。授業を取ったらすぐに探してみましょう。

大学の教科書を買わなくて良い授業を取る

あとは、高い大学の教科書を買わないための方法として、教科書を買わなくて良い授業を取る方法も有効です。

そもそも教科書のない授業なら教科書を買う必要もないですからね。

ちなみに、教科書を買わなくて良い授業は、経験上は意外とあります。

私は仮面浪人していたので、2つの大学で教科書を買ったことがありますが、教科書を買わなくて良い授業もわりとありました。

必修科目は仕方ないですが、特に、必修科目でない場合は、教科書を買わなくて良い授業を選ぶのもありです。

大学の教科書を買わなくて良い授業の見分け方

では、大学で教科書を買った方が良い授業と買わなくて良い授業はどう見分ければ良いのでしょうか?

結論としては、教科書を買わなくても良い授業は、以下の2つです。

  1. 教科書が指定されていない授業
  2. 教科書を買わなくても単位が取れる授業

以下で補足していきます。

教科書が指定されていない授業

言うまでもないかもしれないですが、教科書が指定されていない授業は、教科書を買わなくて良いので、おすすめです。

このような授業は、わりとレジュメが充実している授業が多いです。

教科書を買わなくても単位が取れる授業

教科書が指定されていても、買わなくて良い場合もあります。

教科書を買わなくても単位が取れてしまう授業です。

例えば、レポートで成績が決まる授業とかは、わりと教科書なしでも、レポートは書けたりします。

あとは、レジュメや板書が充実している授業とかも良いです。

レジュメや板書が充実しているかどうかは、最初の授業に出ればわかります。

最初の授業を見てからでも教科書が買える大学でしたら、1回授業に出てから決めるのもアリです。

必要な大学の教科書は買いましょう

って感じです。

最後に、必要な大学の教科書は買いましょう。

私の友達でも、必要な教科書を買わないで、試験で点数が取れずに、単位を落とした人もいました。

大事なのは、必要な教科書は買い、必要ない教科書は買わないことです。

この記事で紹介した方法を使って、大学の教科書代を節約していきましょう!

感想や質問があれば、ブログのコメント欄かTwitterアカウントまでどうぞ。

最後までお読みいただきありがとうございます。

大学の教科書代を節約したい方は、以下の記事もおすすめです。

大学の教科書をお得に売る方法について書いています。

大学の教科書を高く売る3つのコツと4つの方法!おすすめの買取業者はどこ?

このブログで使っているWordPressテーマは…

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

関連記事

プロフィール背景画像
クジラノの画像
クジラノ
Author
ゆるく生きてます/バイト兼ブロガー/ブログで月1〜2万円ほど稼いでます/アクセス数は1〜2万pv/週3〜4日バイトして残りはアニメみたり本読んだりしてます/昔、ブログ毎日更新300日以上してました/私立文系で仮面浪人→一橋大学法学部卒

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ブログ村ランキング投票

人気ブログランキング投票

FC2ブログランキング投票

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる