MENU

大学生が奨学金を借りる時に注意すべきこと【社会人が振り返る】

2020 1/03
大学生が奨学金を借りる時に注意すべきこと【社会人が振り返る】

こんにちは。クジラノスズキカです。大学を卒業して2年半くらい経ちます。

大学生が奨学金を借りる時に注意すべきことは何だと思いますか?大学生で奨学金を借りようか迷っていませんか?

大学生が奨学金を借りることにはメリットだけでなく、デメリットもあります。筆者も大学生の時に奨学金を借りていて現在返済中ですが、いいことも悪いこともありました。詳しくは本文にて説明しています。

本記事では、実際に大学生の時に奨学金を借りていて、現在返済中の筆者の経験に基づいて、大学生が奨学金を借りる時に注意すべきこと、奨学金を借りるメリットについて紹介していきます。

大学生で奨学金を借りるか迷っている方の参考になる記事になっています。

ぜひ最後まで読んでみてください!

目次

大学生が奨学金を借りる時に注意すべきこと【社会人が振り返る】

本記事が考える大学生が奨学金を借りる時に注意すべきことは、以下の2つです。

・新卒で入った会社を辞めにくくなる

・バイトでもらったお金より無駄遣いしやすい

以下で詳しく内容を説明していきます。

新卒で入った会社を辞めにくくなる

大学生が奨学金を借りる上で注意すべきことの1つ目として、新卒で入った会社を辞めにくくなるということがあります。

どういうことかと言いますと、会社を辞めると奨学金の返済額を確保できなくなってしまうので、会社を辞めたくても辞められなくなる可能性があるということです。

例えば、給料の手取りが月15万で生活費が月10万だとします。奨学金の返済額が月3万だとして、月2万しか貯まらないわけです。こうなると奨学金の返済額を確保しつつ、会社を辞めることができるのは結構先の話になりそうですよね。

ブラック企業かは入ってみないとわからない

大学生で奨学金を借りるか迷っている時は、「会社を辞めたくなる可能性がある」って言われても、あまりピンと来ないと思います。

ですが、「会社を辞めたくなること」は珍しいことではないです。現に「新卒で入社した3割が3年以内に辞める」って言われていますからね。

新卒採用は「入る前にわかっていること」よりも「入ってからわかること」の方が圧倒的に多いです。

例えば、採用された時点で、配属地も配属部署も決まっていないなんて会社も多くあります。これは「サビ残の部署」や「パワハラ・セクハラの部署」に配属される可能性もあるということです。

配属されるまでブラック企業かどうかわからないわけです。

辞めたくなったら辞めれるようにしておくことが重要

さらに、最近では「終身雇用は守れない」とか「大手企業でもリストラ」とか不安なニュースも多いです。

いま年収1,000万円の人も来年いくらもらっているかわかりませんし、逆にいま年収200万円の人も来年いくらもらっているかわかりません。

リストラされるかもしれないし、ボーナス・給料が減る可能性もあるわけです。

じゃあどうすればいいか?と言えば、条件が悪くなったらいつでも辞めれるようにしておくことです。この点では奨学金の返済があると、会社を辞めにくくなるので良くないです。

「とりあえず就職」しても良いですが、「とりあえず勤続」はしないことが重要です。条件が悪くなったらさっさと辞めれるようにしておくことが重要です。

メモ

・入るまでブラック企業かわからないので、辞めたくなったら辞めれるようにしておくことが重要

・奨学金の返済は選択肢を減らす

バイトでもらったお金より無駄遣いしやすい

大学生が奨学金をもらう時に注意すべきことの2つ目として、バイトでもらったお金より無駄遣いしやすいことがあります。

なぜかと言いますと、痛みを伴わないからです。

どういうことかと言いますと、例えば、5,000円の買い物をしたとして、バイトならそのお金を取り戻すために5時間くらいバイトをしなくてはならないですが、奨学金は待っていれば来月には振り込まれます。

バイトするのは嫌ですが、待つだけなら楽ですよね。この違いが無駄遣いを生むわけです。

メモ

・バイトとは違って、奨学金は待っていれば振り込まれるので無駄遣いしやすい

奨学金をもらっても節約が重要

大学生が奨学金をもらっても、必要なことにはお金を使い、不要なことにはお金を使わないことが重要です。つまり、節約が重要です。

「節約」というと簡単に聞こえますが、実際はそんな簡単ではないです。「パーキンソンの法則」というものがありまして、「支出額は収入額に達するまで膨張する」という説もあります。

バイトしている時って、「時給900円で5時間働いて、4,500円か」とかって感覚があって、例えば、洋服とか買う時も「この服はバイトの時間に見合うものか?」を考えると思います。

奨学金をもらって、「労働なしで」お金が入ってくるようになっても、バイトしていた時の金銭感覚、節約感覚を持ち続けることが重要だなと思います。

メモ

・奨学金をもらっても、もらう前の金銭感覚を持ち続けることが重要

大学生が奨学金を借りるメリット

とはいえ、大学生が奨学金をもらうメリットもありまして、それは「やりたいことに時間を使えること」です。

やりたいことに時間を使える

大学生が奨学金をもらうことのメリットとして、やりたいことに時間を使えることがあります。

どういうことかと言いますと、奨学金をもらわないと生活費を稼ぐためにバイトをしなくてはなりませんので、バイトに時間を取られてしまいます。

その分、勉強をする時間やサークル、遊びの時間も削られますので、やりたいことに時間を使えなくなってしまいますよね。

時間のかかることができる

奨学金を借りることで、バイトをしなくて良くなりますので、時間のかかることができるようになります。

どういうことかと言いますと、例えば、海外留学とか長期間の海外旅行とかは、就職してからはなかなかまとまった休みが取れない会社が多いので難しいです。

また、ブログやYouTubeといったコンテンツ制作もお金になるまで時間がかかりますので、大学生の4年間で始めておくと選択肢の幅が広がります。

例えば、新卒で就職した会社がブラック企業であった場合も、「ブログやYouTubeで収入あるし」で嫌になったら辞められますよね。

大学生で奨学金を借りる時はよく考えてから借りるようにしましょう

大学生で奨学金を借りる時は、会社を辞めにくくなる可能性があること、奨学金でもらったお金は無駄遣いしやすいことに注意しましょう。

一方で、大学生で奨学金をもらうことで、バイトをしなくて良くなるので、ブログなどのコンテンツ制作や海外留学、海外旅行といったまとまった時間を必要とすることに時間を使えるようになるメリットもあります。

大学生で奨学金を借りる時は、上記のメリットとデメリットを踏まえて、借りるか借りないかを決めるようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

気に入っていただけましたら、Twitterのフォロー、はてなブックマーク登録などで応援していただけると嬉しいです。

感想、質問などはコメント欄にて受け付けますのでお気軽にどうぞ!

このブログで使っているWordPressテーマは…

関連記事

プロフィール背景画像
クジラノスズキカの画像
クジラノスズキカ
Author
週3日ゆるくブログを書く人/大学生のように生きる社会人/ブログ毎日更新300日達成済/2019年10月にアクセス数1万pv、収益12,000円を達成/私立文系で仮面浪人/一橋大学法学部卒/御朱印集め

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ブログ村ランキング投票

人気ブログランキング投票

FC2ブログランキング投票

コメント

コメント一覧 (2件)

  • なかい より:

    会社は入ってみないとわからないですからね~。あとどこに配属されるかにもよるだろうし・・・。奨学金はホントメリットとデメリットありますね。

    • なかいさん いつもブログお読みいただきありがとうございます!同感です。どこに配属されるかで全然違いますよね。その点、採用時点で配属が決まっている会社の方がリスクは低いですよね。

コメントする

CAPTCHA


目次