【Twitter】ツイートのネタがない時はニュース記事を見れば解決する

2020 1/03
【Twitter】ツイートのネタがない時はニュース記事を見れば解決する
ペンギン ペンギン
ツイートのネタがないです。どうしたらいいですか?
クジラ クジラ
ツイートのネタはなくなりがちですよね。

今日はニュース記事を読むことでツイートのネタ切れを防ぐ方法を紹介します。

本記事では、前半では、ニュース記事を読むことでツイートのネタ切れを防げる理由や、ニュース記事を読むことのメリットについて紹介します。後半では、ニュース記事を引用してツイートする際のコツ、具体例も紹介します。

本記事の内容

・ニュース記事を読めば、ツイートのアイデアとトレンドを同時に押さえられる

・ツイートを毎日投稿するメリットは多い

・ニュース記事を引用したツイートのコツは、フォロワーにメリットのある記事を選ぶこと

目次

【Twitter】ツイートのネタがない時はニュース記事を見れば解決する

ペンギン ペンギン
ツイートのネタがない時はニュース記事を見ればいいの?
クジラ クジラ
ニュース記事を見れば、ツイートのアイデアとトレンドを同時に確保できます。

ニュース記事はアイデアとトレンドを同時に確保できる

ニュース記事を読むことで、アイデアとトレンドを同時に押さえられます。理由は、ニュース記事はトレンドを意識して作られていますし、トレンドはニュースから作られるからです。

例えば、先日「終身雇用は守れない」発言が話題になりました。これについては、当然各種ニュースサイトで取り上げられましたが、ニュースサイトを確認するようにしておけば、そこからアイデアを得ることができました。

また、「終身雇用崩壊」というトレンドに基づいて、ニュース記事が書かれ、ニュース記事がさらに「終身雇用崩壊」というトレンドを強化します。

ですので、ニュース記事を確認することで、「終身雇用崩壊」というトレンドについて気づけて、それについて言及できるので、非常に有用です。ツイートのネタがない状況になりにくくなります。

アイデアとトレンドはどちらかが欠けてもダメ

フォロワーに有益な情報を提供するためには、アイデアとトレンドの両方が揃うことが重要です。理由は、アイデアがないと、そもそもツイートが生まれませんし、トレンドに沿ってないと「何の話?」ってなるからです。

例えば、あなたが何かゲームをしていたとして、そのゲームについてツイートしたとします。もちろん、そのゲームについて興味のあるフォロワーが多いアカウントでしたら有益な情報になり得ますが、基本的には自分のトレンドでしかないわけです。

一方で、ニュース記事から引用すれば、多くの人と共通のトレンドを扱っていますので、共感や気づきをフォロワーに提供できるわけです。

メモ

・ニュース記事をチェックすることで、アイデアとトレンドの両方を押さえられる

・アイデアとトレンドのいずれかが欠けてもダメ

慣れるとニュース記事を見ればツイートが思いつくようになる

ですので、日頃からニュース記事をチェックすることが重要です。

日頃からニュース記事をチェックするようにしているとツイートのネタがない状況になりにくくなります。理由は単純にツイートを考える時間が多くなるからです。

どういうことかと言いますと、ニュース記事を見てツイートのネタを探すことに慣れてくると、ニュース記事を見ながらツイートのネタを探すようになります。ニュース記事を読む時間に同時にTwitterをしているのと同じになりますので、費やしている時間の量が多くなるわけです。

なんでもそうだと思いますが、慣れると上手くなります。ブログも毎日更新していると、記事を書くための時間は短くなりますし、早起きもそうですよね。きついのは最初だけで、慣れてくると効率がよくなってきます。

私はいつもYahoo!ニュースをチェックしています。最初から複数のサイトをチェックするのは難しいので、まずは1つだけで問題ないので、ニュースサイトをチェックするようにすると良いでしょう。

慣れたら、半分くらいの時間でチェックできるようになりますので、そうしたらもう1つ追加でニュースサイトを確認するようにすれば良いです。

メモ

・ニュースサイトのチェックに慣れるとツイートのネタがない状況になりにくくなる

・まずは、1つでいいのでニュースサイトをチェックする習慣を作る

ツイートを毎日投稿するメリットは多い

ブログを毎日更新するメリットは多いですが、ツイートも毎日投稿するメリットは多いです。理由は、インプレッションの総量が増えるからです。

どういうことかと言いますと、1日3ツイートしかしないより、1日30ツイートした方がフォロワーの目に触れる可能性が高いです。目に触れれば過去のツイートを遡って確認してもらえるかもしれませんし、ブログを見に来てくれるかもしれません。

鋭い読者の方でしたら「ツイートがやたら多すぎると敬遠される可能性もある」と思ったと思います。私もそう思います。ですので、1日10ツイートくらいにしておけば問題ないと思います。私は1日4ツイートです。つーかこれが限界です。内容は140字ギリギリで精査して投稿するようにしているので、これ以上はきついです。

ニュース記事を使ったツイートの具体例とコツ

ペンギン ペンギン
具体的にはどうすればいいの?
クジラ クジラ
ニュース記事を使ってツイートをする際の具体例とコツを紹介します。

ニュース記事を使ったツイートの具体例

まず、具体例を紹介します。先日以下のようなツイートをしました。

・いつ行ってもいいパート

・こういう労働者目線の会社が増えていくと良いと思います

・ちなみに、現在は募集してないらしいです 「好きな日に働き、嫌いな仕事はやらなくていい」――“自由すぎるエビ工場”が破綻しない理由(ITmedia ビジネスオンライン) – Yahoo!ニュース

という内容のツイートです。

いつ行ってもいい(シフトがない)パートのニュース記事があったので、それを紹介しています。以下で、上のツイートを用いて、ニュース記事を使ったツイートのコツを紹介します。

ニュース記事を使ったツイートのコツ

ニュース記事を使ったツイートをする際に心がけることは1つだけです。フォロワーにメリットがあるツイートにすることです。

そして、フォロワーにメリットを提供するために、具体的に重要なのは、トレンドを選ぶこと、自分の意見を書くことです。

トレンドを選ぶ

とはいえ、ニュースサイトに載っている時点で、ある程度は全てトレンドです。ですので、そこまで気にする必要はないですが、さらにトレンドを絞るためには、自分のポジションを意識しましょう。

私は普段から働き方についてのツイートを多くしているので、いつ行ってもいいパートのニュースは、私のツイートと親和性が高かったので、引用しました。ツイートの反響もまずまずでした。

自分が普段しているツイートと関係のある内容のニュース記事があったら必ず引用しましょう。あとはいろいろなニュースを引用して見て、フォロワーの反応を見て取捨選択していけばいいです。

自分の意見を書く

自分の意見は必ず書きましょう。ニュース記事を引用するだけだと、自分のポジションがフォロワーにわからないので、ツイートとしての価値が低いです。理由は、ニュースを移動させているだけであり、他の人がしても同じだからです。自分の意見を入れることで、自分が介在する価値を入れています。

メモ

・普段の自分のツイートと関係のあるトレンドを選ぶ

・自分の意見は必ず入れる

まとめ

まとめ

・ニュース記事をチェックすることで、ツイートのアイデアとトレンドの両方を押さえられる

・最初はきついが慣れるとニュース記事を読みながらツイートのアイデアを探せるようになる

・ニュース記事を使ったツイートのコツは、トレンドを選ぶこと、自分の意見を入れることである

最後までお読みいただきありがとうございます。読者の方々にとって有益な記事になっていましたら幸いです。気に入っていただけましたら、Twitterのフォロー、はてなブックマーク登録などで応援していただけると嬉しいです。

感想、質問などはコメント欄にて受け付けますので、お気軽にどうぞ!

このブログで使っているWordPressテーマは…

関連記事

プロフィール背景画像
クジラノスズキカの画像
クジラノスズキカ
Author
週3日ゆるくブログを書く人/大学生のように生きる社会人/ブログ毎日更新300日達成済/2019年10月にアクセス数1万pv、収益12,000円を達成/私立文系で仮面浪人/一橋大学法学部卒/御朱印集め

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次