浪人生がやる気、モチベーションを保つためにやるべき3つのこと

浪人生がやる気、モチベーションを保つためにやるべき3つのこと
ペンギン ペンギン
浪人生です。やる気、モチベーションがなくなりそうです。どうしたらいいですか。
クジラ クジラ
私は二浪で一橋大学に合格しました。二浪するとやる気も落ちがちですが、なんとかモチベーションを保って頑張りました。今日は私の経験に基づいて、浪人生がやる気、モチベーションを保つためにはどうすればいいか?なぜやる気、モチベーションがなくなってしまうのか?について説明します。
目次

浪人生がやる気、モチベーションを保つためにやるべきこと

ペンギン ペンギン
やる気を保つためには何をすればいいですか?
クジラ クジラ
まずなぜ浪人生はモチベーションがなくなってしまうのか?について説明します。

浪人生はなぜやる気、モチベーションがなくなってしまうのか?

まず、浪人生がモチベーションが保てなくなってしまう理由を考えます。

勉強はやる気を持って取り組まないと成績は伸びません。嫌々やっても成績は伸びませんから。ですので、浪人生にとってやる気は重要であるにも関わらず、なぜモチベーションがなくなってしまうのでしょうか?

答えは簡単で、勉強している期間が現役生より長いからです。

同じことをひたすら続けるのは飽きます。受験勉強も、スポーツやテレビゲームなどと同じで、ひたすら同じことを繰り返すと飽きてしまいます。同じようなことをひたすら続けられるのは、一部の「本当にハマっている」人たちだけです。これが浪人生がやる気を保ちにくい理由です。

ですので、現役生はただ単に、勉強している期間が浪人生より短いので、受験勉強に飽きる前に受験日を迎えられるというだけの話です。

ペンギン ペンギン
勉強期間が長いから飽きてきちゃうのか…。納得。じゃあ、モチベーションを保つ方法はないの?
クジラ クジラ
浪人生がやる気を保つ方法はあります。以下で紹介します。

浪人生がやる気、モチベーションを保つためにやるべきこと

浪人生は勉強期間が長くなるので、勉強に飽きやすくなります。ですので、定期的に新しい刺激を与える必要があります。よく参考書をたくさん持っている人がいますが、勉強に飽きないための工夫の1つなのでしょう。

以下で浪人生がモチベーションを保つためにやるべきことを3つ紹介します。

①息抜きをする
②模試をたくさん受ける
③過去問を軸として勉強する

の3つです。

息抜きをする

まずは、1番ベタな方法ですが、息抜きをするのが有効です。例えば、私の場合は、週に1回くらいは予備校の友達とカラオケに行っていました。映画も観に行きましたし、国語の勉強ということにして、本もたくさん読んでいました。センター試験後3日間ひたすらアニメを観たりもしました。

「勉強時間」に意味はありません。「集中した勉強時間」にしか意味はないです。ですので、やる気が出ない時は思い切って、自分が好きなことをしましょう。

もしくは寝ましょう。寝ると脳がリセットされますので、集中力が回復します。私は二浪の時は1日9時間くらいは寝ていました。睡眠時間を削る人がたくさんいますが、集中できなかったら意味がないので、よく寝てよく勉強した方が良いと思います。

というように、モチベーションを持って勉強するために、息抜きをするのは有効です。

模試をたくさん受ける

ペンギン ペンギン
やる気がなくなったら息抜きをするのが有効なんだね。
クジラ クジラ
その通りです。模試を受けるのも有効な方法です。

浪人生がモチベーションを保つための方法として、模試をたくさん受けることも有効です。

模試の成績やテストの結果をもらう時ってわくわくしますよね?自分が積み上げてきた勉強時間が結果につながることが、結局1番のモチベーション維持の方法になります。成績を上げるために、浪人生をしているわけですので。

勉強する→模試の成績が上がる→やる気が出る→勉強する→模試の成績が上がる→(以下、繰り返し)

上のようなループに入るのが最強です。1回このループに入るとひたすらやる気を持って勉強できますし、ひたすら成績が上がり続けます。

私は10月以降はほぼ毎週模試を受けていましたし、夏までも月に2回くらいは模試を受けていました。他の予備校の模試でもいいので、たくさん受けてみましょう。

ペンギン ペンギン
模試を受けすぎると、模試以外の勉強ができなくなってしまいそうで心配です。
クジラ クジラ
模試の勉強だけになってしまっても問題ないです。

私は模試を受けたら、次の日に答えあわせをして、解答解説を読み込んでいました。次の日は丸1日模試の解答解説の読み込みに使いましたし、東大模試の時などは1週間くらいひたすら模試の解答解説を読み込んだりしました。

自分が問題を解いている時に1度問題意識を持っているので、模試の解答解説は頭に入ってきやすいです。しかも、模試の解答解説はすごく細かく書かれているので、勉強になります。

ペンギン ペンギン
なるほど。模試を軸にして勉強すると、モチベーションを保ちやすいわけですね。
クジラ クジラ
その通りです。

また、模試を中間地点として勉強することもできますので、その点でもモチベーション維持に役立ちます。

ということで、模試はたくさん受けましょう。

過去問を軸として勉強する

浪人生がやる気を保つ方法として、模試をたくさん受ける方法を紹介しました。ここからは、過去問を軸として勉強する方法を紹介します。

過去問を軸として勉強する方法も、発想としては模試を軸にして勉強する方法と同じです。過去問が解ければ志望校に合格できるわけですので、過去問を解けるようになれば、「志望校に近づいた感」を感じることができます。

過去問を解けるようになる→やる気が出る→勉強する→過去問を解けるようになる→やる気が出る→(以下繰り返し)

上のようなループに入ると、ひたすらモチベーションが上がっていき、ひたすら過去問が解けるようになります。

模試も過去問も、できたかできなかったかが明確になります。その都度、自分に不足しているものを補っていくことができるので、確実に進歩できます。参考書を読んでいるだけだと、イマイチ進歩している感がないので、やる気がなくなってしまいがちです。

模試を受けて、解答解説を読み込む。模試がない時は、過去問を解いて、解答解説を読み込む。この2つを軸として、勉強すると、浪人生でもモチベーションを保ちやすいですし、成績も伸びやすいです。

そもそもやる気、モチベーションがないなら浪人する必要もない

ペンギン ペンギン
模試、過去問を軸として勉強することでやる気を保ちやすくなるんですね!
クジラ クジラ
その通りです。最後にそもそもやる気が出ないなら浪人する必要もないという話です。

そもそもやる気が出ないならわざわざ浪人する必要もないです。

私は一橋大学を卒業して社会人になりましたが、お金を稼ぐ方法は高学歴になって一流企業に入るというパターンだけではないです。

例えば、ブログを書いたり、YouTubeに動画を投稿したりする方法でもお金を稼げる時代です。高学歴だからといって出世できるかといったらそうでもないです。

自分がやる気、モチベーションを持って取り組める分野で頑張った方が、結果も伸びると思うので、それが受験勉強でないなら他の方法を選択するのも、方法としてはありです。

この論点については、『【社会人になってから考える】人生における「浪人」経験のメリット・デメリット』でも詳しく取り上げていますので、合わせて読んでみてくださいね!

終わりに

最後までお読みいただきありがとうございます。読者の方々にとって有益な記事になっていましたら幸いです。

気に入っていただけましたら、Twitterのフォローはてなブックマーク登録などで応援していただけると嬉しいです。

感想、質問などはコメント欄にて受け付けますのでお気軽にどうぞ!

プロフィール背景画像
クジラノスズキカの画像
クジラノスズキカ
Author
ブログ『全部、理想論ですけど。』の著者。ブログ毎日更新を200日以上続けています。200記事書いても月1,000円しか稼げませんでしたが、2019年10月に発生成果12,000円を達成。月10万円を目指しています。現在はブログを毎日更新しつつ、webライティングもしてます。Twitterもしています。一橋大学法学部卒。詳しい経歴などは以下のリンクより。

このブログで使っているWordPressテーマは…

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次