MENU

【経験談】浪人するメリットとデメリット【浪人するか迷っている方は必見!】

2020 1/12
【経験談】浪人するメリットとデメリット【浪人するか迷っている方は必見!】
ペンギン ペンギン
浪人するか迷っています。浪人するメリットとデメリットを教えてください。

こんにちは。

本記事では、浪人するメリットとデメリットについて、紹介していきます。

筆者は、一浪で大学受験に失敗し、滑り止めの大学に進学しました。その後、仮面浪人して大学受験で成功しました。

ちなみに一浪の時は一橋大学に落ちて明治大学へ進学し、二浪の時は一橋大学と上智大学に合格しました。

二浪までして、成功と失敗の両方を経験していて、ブログを書いてる人ってかなり少ないので、希少価値の高い記事になっています。

本記事の内容

①浪人する5つのメリット

②浪人する5つのデメリット

③浪人するかしないかの決め方

本記事はこんな方におすすめ

①浪人するか迷ってる方

②浪人するメリットとデメリットを知りたい方

③身近な人が浪人するか迷っている方

大学受験ディアロオンラインは、月額1科目7,800円(税抜)!安い費用で、質の高い授業(Z会映像教材)を受けることができます/

目次

浪人する5つのメリット

ということで、浪人するメリットは、以下の5つです。

浪人する5つのメリット

①納得いくまで志望校に挑戦できる

②今年の浪人は今年だけ

③モラトリアムの延長

④いろいろ考える時間になる

⑤わりと浪人も楽しい

って感じです。

以下でわかりやすく補足していきます。

納得いくまで志望校に挑戦できる

まず、浪人するメリットとして、納得いくまで志望校に挑戦できるということがあります。

現役だと、わりと部活などが忙しかったりして時間が足りなくて、志望校に落ちてしまうというパターンもあります。

なので、浪人して、1年間、大学受験に専念することで、納得いくまで志望校に挑戦できます。

不完全燃焼のまま滑り止めの大学に行くのと、全力を尽くした結果として滑り止めの大学に行くのは、全く意味が異なります。

なので、志望校に合格できればもちろん良いですし、失敗するにしても全力を出した結果ならわりと納得できます。

っていうメリットがあるわけです。

今年の浪人は今年だけ

浪人するメリットとして、今年の浪人は今年だけということがあります。

基本的に、浪人は今年しかできません。一生に一度しか経験できないことですので、せっかくなので、経験しておいても良いかもしれません。

もちろん、「浪人経験なんていらない」って人にはもちろん価値はないかもしれません。

ですが、1年間勉強だけができるっていうのは、社会人になると意外と貴重な時間だったりします。

なので、とりあえず浪人を経験しておくっていうのはわりとありだったりもします。

モラトリアムの延長

浪人するメリットとして、モラトリアムを延長できることもあります。

というのも、浪人生は、わりと自由なので、勉強することもできますが、ひたすら遊ぶこともできます

もちろん、大学4年間で遊ぶこともできます。

ですが、浪人の1年間を使えば、大学4年間と併せて、合計で5年間、社会的な責任を負わずに自由な時間を過ごすことができるわけです。

社会に出るのを1年遅らせることができるということです。

浪人すると就職に不利か?

よく、「浪人すると就職に不利」なんて話も聞きますが、全くそんな事はないかと。

筆者は、二浪しましたが普通に就職できましたし、浪人した年数というよりは、むしろどこの大学に行ってるかの方が見られそうです。

「学歴フィルター」はありますが、「浪数フィルター」は聞かないですからね。

浪人と就職については、以下の記事で詳しく書いています、良ければどうぞ↓

あわせて読みたい
浪人すると就職で不利?浪人した方が良い?社会人が経験に基づいて書きます
浪人すると就職で不利?浪人した方が良い?社会人が経験に基づいて書きますこんにちは。この記事では、浪人すると就職に不利になるのか?浪人したほうがいいのか、それとも今年受かった大学に行ったほうがいいのか?などについて書いていきます...

いろいろ考える時間になる

浪人するメリットとして、いろいろ考える時間になることがあります。

というのも、高校卒業してすぐに大学に入ると、「わりとよくわからないうちに大学4年間が終わってしまい、就職してしまう」なんてことになる可能性もあるかなと思います。

(※現役で大学に行ったことないのでわかりませんが…)

その点、浪人することで、1年間大学受験の勉強しつつ、自分が本当は何をしたいのか?って考える、いわば自分と向き合う時間を作ることができます。

わりと浪人も楽しい

浪人するメリットとして、わりと浪人って楽しいことがあります。

浪人というと、「辛い」や「暗い」みたいなイメージがあるかもしれないですが、そんなことないです。

もちろん、人によりますが、私の場合は、予備校は、結構、楽しかったです

私の場合は、大学を卒業した今も浪人してたときの予備校の友達と遊んだりします。

1年間、共に努力してきた仲間ですので、まあ部活とかと同じで仲良くなりやすいみたいなところがあるのかなと思います。

浪人も楽しいよって話↓

あわせて読みたい
【事実】浪人生活が楽しい3つの理由!楽しく過ごす方法とは?
【事実】浪人生活が楽しい3つの理由!楽しく過ごす方法とは?こんにちは。クジラノスズキカです。充実した楽しい浪人生活を過ごしました。楽しかったので二浪までしてしまいましたが、結果的に一橋大学法学部に合格しました。本記...

浪人する5つのデメリット

では、逆に、浪人するデメリットは、どのようなものがあるのでしょうか?

結論としては、以下の5つです。

浪人する5つのデメリット

①精神的なプレッシャーが辛い

②お金がかかる

③志望校に落ちたら意味ない

④1年という時間を使う

⑤1年遅れになる

って感じです。

以下でわかりやすく補足していきます。

精神的なプレッシャーが辛い

まず、浪人するデメリットとして、精神的なプレッシャーが辛いところがあります。

「浪人したんだから受かって当たり前」みたいに周りに言われたり、もしくは自分でそう思ったりしてしまうと、わりと精神的にきつかったりします。

私も夜眠れなくなったり、朝日が昇る前に目が覚めたりと結構、きつかったです。

とはいえ、実際に社会に出てみると、浪人してても学歴が微妙でも、あまり関係なかったりしますので、あまり考えすぎずに、気楽にいきましょう。

↓大学受験と失敗については、以下の記事で詳しく書いています↓

あわせて読みたい
大学受験に失敗したらどうなる?失敗する人の3つの特徴とその後どうするか?
大学受験に失敗したらどうなる?失敗する人の3つの特徴とその後どうするか?こんにちは。筆者は、大学受験で、一浪して失敗して、滑り止めの大学に進学しました。大学受験で失敗したらどうなってしまうのか?どうしたら良いのか?不安ですよね。...

お金がかかる

浪人するとお金がかかるデメリットがあります。

これは、主に予備校代ですね。

大手の予備校に行けば、1年間で70万円前後かかりますので、結構きついかもしれません。

わりとこれが1番大きなデメリットかもしれません。

親がお金を出してくれなかったり、親に迷惑をかけたくない場合は、自分でバイトする方法もあります。

私の場合は10月までコンビニでバイトをして、後期から予備校に行きました。

なので、バイトしつつでも合格は可能です。バイトルで探してみましょう。

アプリでサクッとバイト選び!バイト選びはバイトル/

バイトルでアルバイト選び
バイトルでアルバイト選び
開発元:ディップ株式会社
無料
posted withアプリーチ

ちなみに、オンライン予備校なら費用をかなり安く抑えることができます。

例えば、大学受験ディアロオンラインは、月額1科目7,800円(税抜)と安い費用で、質の高い授業(Z会映像教材)を受けることができます。

詳しくは、以下のリンクより。

志望校に落ちたら意味ない

浪人するデメリットとして、志望校に落ちたら意味ないということがあります。

もちろん、上述の通り、浪人するメリットは志望校合格だけではないですが、それでもやはり合格するというのがメインの目標であることに変わりはありません。

ですので、落ちてしまったら、わりと1年間無駄にしたような感覚になります。

とはいえ、ここら辺の話は、結果論でしかないですし、実際に浪人してみないとわかりませんから、あまり心配しても意味ないかもしれません。

むしろ決断した後にその選択が正しかったと思えるように努力することが大事です。

1年という時間を使う

浪人することで、1年という時間を使うデメリットもあります。

上述の通り、浪人することは、「1年間モラトリアムを過ごしたい」という方や「社会に出るのを1年遅らせたい」という方にはメリットがあります。

ですが、一方で、自分のやりたいことがはっきりしている人にとっては、ただ単に1年という時間を無駄に過ごすことになります。

その点はデメリットかなと思います。

1年遅れになる

あとは、浪人することで、1年遅れになるデメリットがあります。

例えば、大学の同学年が1歳下であったり、就職先の同期が1歳下だったりということになります。

とはいえ、まあ大学で留年する人もいますし、会社での出世も人によってスピードが違います。

なので、そこらへんは、わりと気にならなくなるかもしれないです。

浪人するかしないかの決め方

ここまで、浪人するメリットとデメリットを紹介しました。

では、浪人するかしないかは、どのように決めれば良いのでしょうか?

何を使って何を得るか?を考える

結論としては、何を使って、何を得ることができるか?を考えることです。

どういうことかと言いますと、1年間という時間を使って、何が得られるか?を考えるということです。

本記事で、浪人する5つのメリットと5つのデメリットを紹介しました。

あなたにとって、浪人するメリットの方が多いなら浪人するのもありですし、デメリットの方が多いなら浪人しないのもありです。

結果は、浪人してみないとわからない

当然のことですが、結果(合格するか落ちるか)は、1年間浪人してみないとわかりません

厳しいことを言いますが、浪人したからと言って、必ず成功するわけではないです。

なので、ぶっちゃけ、浪人するか決めるときに、「落ちたらどうしよう…」とか考える意味ってあまりないかなと思います。

考えるべきは、「そのリスクを負ってまで志望校に合格したいか?」という気持ちの確認であり、決断した後にその決断を正しいものにするために、全力で努力するのみです。

って感じです。

お役に立てていれば嬉しいです。応援しています。

質問があれば、ブログのコメント欄かTwitterアカウントまでどうぞ。

以上です。最後までお読みいただきありがとうございます。

このブログで使っているWordPressテーマは…

関連記事

プロフィール背景画像
クジラノスズキカの画像
クジラノスズキカ
Author
週3日ゆるくブログを書く人/大学生のように生きる社会人/ブログ毎日更新300日達成済/2019年10月にアクセス数1万pv、収益12,000円を達成/私立文系で仮面浪人/一橋大学法学部卒/御朱印集め

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ブログ村ランキング投票

人気ブログランキング投票

FC2ブログランキング投票

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次