MENU

【まとめ】浪人する時に必要な3つの覚悟と心の準備

2020 5/20
【まとめ】浪人する時に必要な3つの覚悟と心の準備
ペンギンのアイコン画像ペンギン
浪人しそうです。必要な覚悟を教えてください。

こんにちは。クジラノスズキカです。

浪人して、二浪で仮面浪人して、一橋大学法学部に合格した学歴マニアです。

浪人するにあたって、必要な覚悟って何だろう?って迷っていませんか?

本記事では、浪人するのに必要な3つの覚悟について書いていきます。

経験に基づいた記事なのでかなり参考になるかと思います。

\大学受験ディアロオンラインは月額1科目7,800円(税抜)!安い費用で質の高い授業が受けられます/

目次

浪人する時に必要な3つの覚悟

浪人する時に必要な覚悟について、結論としては、以下の3つです。

浪人する時に必要な3つの覚悟

①1日10時間勉強する

②遊びはある程度、封印

③でも受からない可能性もある

以下でわかりやすく補足していきます。

1日10時間勉強する

まず、浪人生になるにあたって、1日10時間勉強する覚悟が必要です。

これは「時間の量」の問題ではなく、「勉強しかしない」という覚悟の問題です。

ただ、「そんなに勉強できない」って人もいると思います。

大丈夫です。だんだん慣れてきます。最初から1日10時間も勉強できる人はいません。

最初は1日3時間から始めて、1日5時間、1日8時間って感じで徐々に増やしていきましょう。

浪人生の勉強時間については、以下の記事をどうぞ↓

あわせて読みたい
【事実】浪人生の1日の勉強時間の平均は?勉強しない日を作るのはあり?
【事実】浪人生の1日の勉強時間の平均は?勉強しない日を作るのはあり?こんにちは。クジラノです。仮面浪人で二浪して、一橋大学法学部に合格しました。浪人生は勉強時間を自分で決められる分、どれくらい勉強すれば良いのか悩みますよね…。...

遊びはある程度、封印

浪人生に必要な覚悟として、遊びは「ある程度」封印しましょう。

もちろん、1年間全く遊べないわけではないです。

10月くらいまではわりと余裕があるので、週1日くらいオフにしたり、昼間勉強して、夕方から2〜3時間ファミレスでトークしたりするのも全然ありです。

私なんか10月までコンビニでバイトしていました。

浪人生とバイトについては、以下の記事をどうぞ↓

わりと勉強以外のことに時間を使うこともできるわけです。

とはいえ、逆に言えば、週5日とかオフにするのはやめましょうってことです。

ある程度は遊んでも合格できるけど、遊びすぎると落ちるってことです。

遊びすぎて落ちる浪人生も

これから浪人する方には理解できないかもしれないですが、遊びすぎて落ちる浪人生もいます。

志望校に合格するために浪人しているのに遊びすぎて不合格するってのはなかなか理解できないと思いますが、こういう人は意外とたくさんいます。

予備校で友達ができて、休憩室で喋ってるみたいな人は意外とたくさんいます。

言うまでもなく、遊び過ぎないようにしましょう。

浪人生の目標は遊ぶことではなく、志望校に合格することです。

でも受からない可能性もある

浪人する上で覚悟しないといけないのは、1日10時間勉強して、遊びを封印しても、受からない可能性があるということです。

普通に一生懸命やっていても、受からない人もたくさんいます。

私の友達でもたくさんいました。

例えば、普通に予備校に通って勉強していたのに、去年受かった滑り止めの大学に落ちる人とかもいました。

みんな一生懸命勉強していますし、中には小学校の中学受験から積み上げている人もいるわけです。

どんなに勉強しても、大学受験に絶対はないわけです。それを受け入れる覚悟が必要なわけです。

浪人する覚悟ができないなら、浪人するか?今年受かったとこいくか?

ここまで読んで、「そこまで覚悟できねえ…」って思った方も多いと思います。

ただこれくらいの覚悟でやれば、きっとうまくいきます。

一方で、覚悟ができない場合は、今年受かったとこ(滑り止め)に行った方が良いのでしょうか?

今年受かったとこに行くのもあり

結論としては、今年受かったとこに行くのもありです。

大学に入ると初めてわかることもあります。

例えば、「この大学も普通に悪くないな」とか「学歴ってあんまり意味ないかもな」とか、いろいろ気づくことがあります。

逆に、「やっぱ、この大学じゃダメだ」って思うかもしれないです。

いずれにせよ、浪人していたら気づけないことで、浪人する覚悟が足りないなら滑り止めでもとりあえず大学に入ったからこそ気づけることです。

その上で気に入らないなら仮面浪人するのもあり

浪人する覚悟ができずに、滑り止めの大学に入って、それでも気に入らないなら、そこから仮面浪人してみるのも方法としてはありです。

1回志望校以外の大学に入ると、「この大学じゃダメだ」という強い問題意識が浪人生としての覚悟を強くしてくれます。

私も一浪で私立文系の大学に入って、「やっぱ東大行きたいな」ってなって仮面浪人して、一橋大学に合格しました。

人によっては、普通に浪人するより、一旦大学に入って、「やっぱ志望校に行きたい」って気持ちを持った方がうまく行く人もいると思います。

って感じです。浪人するか迷っている人は浪人してみるのもありですし、滑り止めの大学に入ってしまうのもありです。

ここら辺の話は、以下の記事でも詳しく書いてます↓

あわせて読みたい
浪人すべきか?考え方の3つのポイント【第一志望に落ちた方、必見】
浪人すべきか?考え方の3つのポイント【第一志望に落ちた方、必見】こんにちは。クジラノスズキカです。本記事では、第一志望に落ちて、浪人すべきか迷っている方向けに、浪人すべきか考える時の3つのポイントを紹介していきます。筆者は...

いずれにせよ、応援してます。

感想や質問があれば、ブログのコメント欄かTwitterアカウントまでどうぞ。

以上です。最後までお読みいただきありがとうございます。

\大学受験ディアロオンラインは月額1科目7,800円(税抜)!安い費用で質の高い授業が受けられます/

このブログで使っているWordPressテーマは…

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

関連記事

プロフィール背景画像
クジラノの画像
クジラノ
Author
ゆるく生きてます/バイト兼ブロガー/ブログで月1〜2万円ほど稼いでます/アクセス数は1〜2万pv/週3〜4日バイトして残りはアニメみたり本読んだりしてます/昔、ブログ毎日更新300日以上してました/私立文系で仮面浪人→一橋大学法学部卒

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ブログ村ランキング投票

人気ブログランキング投票

FC2ブログランキング投票

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる