会社員になったらゴルフを始める必要はあるか?【結論:必要ない】

2020 1/23
会社員になったらゴルフを始める必要はあるか?【結論:必要ない】
ペンギン ペンギン
会社員です。ゴルフを始めろと上司からプレッシャーをかけられています。会社員になったらゴルフを始める必要はありますか?

こんにちは。クジラノスズキカです。

結論として、会社員になったからといってゴルフを始める必要はないです。

本記事では、会社員がゴルフを始めるメリット、デメリットを紹介した後、会社員になったからゴルフを始める必要があるか?について考えていきます。

後半では、ゴルフに行きたくない場合の断り方も紹介しています。

ぜひ最後まで読んでいってくださいね!

ゴルフの断り方は、『【まだ間に合う】行きたくないゴルフの断り方【会社編】』でも詳しく書いていますので良ければどうぞ。

目次

会社員になったらゴルフを始める必要はあるか?

ペンギン ペンギン
会社員になったら、ゴルフを始めた方が良いのでしょうか?

会社員になったからと言って、ゴルフを始める必要はないです。

その話の前に、まず、会社員がゴルフをするメリット、デメリットを考えていきます。

会社員になったからゴルフを始めるメリット

会社員になったからゴルフを始めるメリットについて考えていきます。メリットとしてまず思い浮かぶのは、共通の趣味として人間関係構築のツールになるという点です。

具体的には、上司や取引先がゴルフをやっていれば、就業時間外に一緒にゴルフの練習に行ったり、休日にラウンドをまわったりできるわけです。

そうしてゴルフを通して、仲良くすることで、仕事での評価や取引でもよくしてもらうことが狙いです。

あとは会社全体でのゴルフコンペなどで偉い人と交流することで、後々出世とかの時によくしてもらえるかもしれないという狙いもあります。

まとめますと、自分より偉い人や立場の強い人とゴルフを通して交流を持ち、仕事でもよくしてもらえるかもしれないのが会社員がゴルフを始めるメリットです。

ですが、いずれのパターンも取引や出世が約束されているわけではないので注意が必要です。

つまり、嫌々ゴルフをしても、見返りがない可能性も十分にあるということです。

会社員になったからゴルフを始めるデメリット

ペンギン ペンギン
会社員がゴルフをするメリットもあるんだね。デメリットはあるの?

デメリットもあります。会社員がゴルフを始めるデメリットは何と言っても、時間とお金がかかることです。

お金については、道具を買うのにおよそ10万円近くかかりますし、ゴルフコンペやラウンド1回で1万円ほどかかります。

他にも練習(打ちっぱなし)するのにもお金がかかります。

お金の使い方は人それぞれですが、これだけのお金があれば好きなことがある程度できると思います。

時間についても、仕事が終わった後に練習したり、休日にゴルフコンペに誘われたら1日潰れます。

ゴルフがなければ、その時間を家族と旅行したり、読書や勉強など自己啓発することもできます。

メモ

・会社員がゴルフをするメリットは、ゴルフを通じて偉い人と交流できること

・会社員がゴルフをするデメリットは、お金と時間がかかること

会社員がゴルフを始めるメリットと終身雇用の崩壊の関係

ペンギン ペンギン
会社員がゴルフをするメリットもデメリットもあるんだね。

その通りです。ですが、会社員がゴルフを始めるメリットは終身雇用の崩壊とともに薄くなっていくと考えられます。

今までは終身雇用を採用している会社がほとんどでしたが、最近はリストラも流行ってきていますし、今後はどうなるかわかりません。

そうなると、せっかく就業時間外にゴルフをして交流しておいた上司や管理職もいつ会社を去るかわかりません。

嫌々、出世のためにゴルフしてたけど、見返りが得られないという可能性もあるということです。

今までは終身雇用がかなり機能していましたので、ゴルフや飲み会で、上司や管理職に気に入られておけば、いずれは見返りが期待できました。

ですが、終身雇用の崩壊後は、誰がいつ会社を去るかわからなくなりますので、ゴルフで交流を持っても、仕事でよくしてもらう前にその人が会社からいなくなる可能性もあるわけです。

逆に、自分がその会社を辞める可能性もあります。

そうなったら、また新しい会社でゴルフで交流を持ってなんてことをしていてもキリがないですよね。

それよりも仕事ができた方が、すぐに評価してもらえるし、お金も時間もかからないので確実です。

結論:会社員になったからといってゴルフを始める必要はない

というわけで、会社員になったからといってゴルフを始める必要はないです。

会社員がゴルフを始めるメリットは終身雇用の崩壊とともに薄くなってきます。

ですが、お金・時間がかかるというデメリットは依然として今まで同様に残っています。

もちろん、ゴルフに興味があるならやった方がいいと思います。

そもそも、なんでもそうですが、やりたいならすればいいし、やりたくないならしなくていいわけで、いたってシンプルです。

会社員でもゴルフをやりたい人はやる、やりたくない人はやらなくていい

ペンギン ペンギン
なるほど。会社員だからといってゴルフは必要という時代でもないんだね。でも誘われたらどうすればいいの?

行きたくないなら断りましょう。

会社員でもゴルフをやりたくないなら断りましょう

会社員になってゴルフを始める気はなくても、誘ってくる人はいます。上司や取引先に誘われたら断りにくいですよね。

まず、最初の砦はゴルフ道具を買わないことです。

だいたいの人は、「ゴルフはやったことないし、道具も持っていない」って言えば諦めてくれます。

それでも諦めてくれない人もいます。

例えば、「道具貸すから。」とか「社会人になったんだからやった方がいいよ」とか言ってきます。

そのような場合は仕方がないので、「休日は忙しい」とか「ゴルフには興味がないので行きません」とか言うしかないです。

ここで押しに負けて1回行ってしまうと、「ゴルフができる人」とか「押せばくる人」と思われてしまい、2回目断るのは1回目よりしんどいです。

また、1回目断っておけば、2回目以降誘われることもほとんどないはずです。

向こうも何回も断られるのは嫌ですので。

ですので、申し訳ない気持ちを抑えつつ、1回目ではっきりと断ることが重要です。

ゴルフの断り方については、『【まだ間に合う】行きたくないゴルフの断り方【会社編】』でも、詳しく解説していますので、ぜひ読んでみてください。

ゴルフ道具をもう買った方へ

ゴルフ道具をもう買ったので、「ゴルフ道具持ってないので…」という断り方が使えない方もいると思います。

そのような方は、ゴルフ道具を売るのも方法としては、ありです。売ればお金になりますし、一石二鳥です。

例えば、ゴルフ買取リサイクルネットで売りましょう。

他にも売れるとこはありますが、郵送で売れて、かなり楽なのでおすすめです。

\24時間全国どこからでも利用できるインターネット買取店/


画像

画像

会社員でもやりたくないゴルフは必要ないです

ということで、会社員になっても、やりたくないゴルフは必要ないです。

やりたいならやる、やりたくないならやらない、シンプルに選択していきましょう。

この記事が面白かったって方は、Twitterアカウントのフォローしていただけると嬉しいです。

以上です。最後までお読みいただきありがとうございます。

ゴルフの断り方については、『【まだ間に合う】行きたくないゴルフの断り方【会社編】』でも、詳しく解説していますので、ぜひ読んでみてください。

このブログで使っているWordPressテーマは…

関連記事

プロフィール背景画像
クジラノスズキカの画像
クジラノスズキカ
Author
週3日ゆるくブログを書く人/大学生のように生きる社会人/ブログ毎日更新300日達成済/2019年10月にアクセス数1万pv、収益12,000円を達成/私立文系で仮面浪人/一橋大学法学部卒/御朱印集め

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次