MENU

「会社をすぐに辞める人はどこ行ってもダメ」という風潮について

2020 1/03
「会社をすぐに辞める人はどこ行ってもダメ」という風潮について

こんにちは。クジラノスズキカです。

先日、以下のようなツイートをしました。

「会社すぐ辞める人はどこ行ってもダメ」っていう風潮があるけど、「A社ではうまくいかなかったけど、B社ではうまくいった」ってこともあるだろうし、「すぐ辞める性格」ってよりは、「興味を持てる当たりの仕事を引けるか」が大事かもしれない。

本記事では、上記のツイートの内容について詳しく書いていきます。

本記事の内容

会社をすぐ辞める人はどこ行ってもダメか?

本記事はこんな方におすすめ

会社をすぐ辞めたいけど、自分がどこ行ってもダメなのか不安な方

ぜひ最後まで読んでみてください!

あわせて読みたい
退職代行サービスとは?おすすめ5社を徹底比較!【わかりやすく解説】
退職代行サービスとは?おすすめ5社を徹底比較!【わかりやすく解説】こんにちは。クジラノスズキカです。会社を辞めたくても、辞めるのは勇気が要りますよね…。私も、2019年2月に会社を退職しましたが、なかなか言い出せずに苦労しました...
あわせて読みたい
【2020年】退職代行の料金はいくら?お得に利用する方法を紹介!
【2020年】退職代行の料金はいくら?お得に利用する方法を紹介!こんにちは。クジラノスズキカです。本記事では、以下の2つについて、解説していきます。①退職代行サービス業者の料金を徹底比較②退職代行サービス業者をお得に利用する...
目次

「会社をすぐに辞める人はどこ行ってもダメ」という風潮について

本記事の結論としては、以下の3つです。

結論

①「すぐに辞める性格」というより「当たりを引けるか」の問題

②耐えるべき努力と耐えなくて良い努力がある

③会社をすぐに辞めないと誰が得するか?を考えるのが大事

以下で内容を詳しく説明していきます。

「すぐに辞める性格」というより「当たりを引けるか」の問題

上記のツイートでも書きましたが、「会社をすぐ辞める」という結果の原因は、「すぐ辞める性格」というよりは、「当たりを引けるか」の問題です。

どういうことかと言いますと、辞めやすい性格の人が辞めるというわけではなく、入ってみたら労働条件が悪かったので、やっぱ辞めますってことです。

会社って、入る前にわかっていることよりも、入ってからわかることの方が多いです。

例えば、以下の通りです。

会社に入ってからわかること

・配属先で何をするか?

・配属先で誰と働くか?

・パワハラ、セクハラがある職場か?

・残業が申請できるか?

・飲み会などの時間外の付き合いがどれくらいあるか?

などなど…。むしろわからないことの方が多いです。

大企業とかだと、給料や年間休日数なども、「配属先による」って感じで、わからないことの方が多いです。

何が言いたいかと言いますと、会社を選んで入っているように見えて、実は何もわからない状況で会社に入っているということです。

何もわからない会社に入って、入ってみて労働条件が悪かったらすぐ辞めるのって、むしろ普通じゃないですかね。

私も以前、勤めていた会社は入って3ヶ月くらいで「こんなはずでは…」って辞めたくなって、結局2年くらいで辞めました。

「すぐ辞める人」がいるというよりは、「労働条件の悪い会社」があるだけだと思うわけです。

耐えるべき努力と耐えなくて良い努力がある

というわけで、会社をすぐ辞める人がどこ行ってもダメなわけではないです。当たりを引けるまで辞め続けるのもありです。

一方で、耐えるべき努力もあります。

何をするにしても、成功するためには、ある程度の我慢は必要です。

例えば、難関大学に入るためには、だるくても受験勉強しないといけないですし、ブログで稼ぐためにも継続は必須です。

なので、成功するためには、耐えるべき時もあるのは明らかです。

一方で、耐える必要のない努力もあります。

例えば、サビ残やパワハラなどは耐える必要のない努力です。

それを耐え続けても、サビ残やパワハラに耐えるスキルしかつきません。サビ残やパワハラに耐えることができても得しませんよね。

ブラック企業に転職する時のアピールポイントにはなりますが…、もちろんメリットではないですよね。

ということで、耐えるべき努力と耐えてもメリットがない努力がありますので、それを見極めて、耐えてもメリットがない場合は、会社をすぐに辞めるのもありです。

会社をすぐに辞めないと誰が得するか?を考えるのが大事

会社をすぐに辞めるか迷っている時は、すぐに辞めないと誰が得するのか?を考えるのが大事です。

例えば、「会社を辞めたい」と言った時に、引き止めてくる上司は、自分の部署の離職率を下げないために引き止めている場合も多いです。自分の評価を下げないために引き止めているわけです。

また、「とりあえず3年は続けるべき」とか「会社をすぐに辞める人はどこに行ってもダメ」といった風潮があることで、労働条件が悪くても、会社を辞めにくくなります。

社員が会社を辞めなくなれば、労働条件を改善する必要はなくなりますので、結局は、会社が得する風潮でしかないわけで、一個人が気にする必要はないわけです。

ということで、会社をすぐ辞めるか迷っている時は、耐えるべき努力なのかを考えつつ、耐える必要がない場合は、さっさと辞めていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございます。

このブログで使っているWordPressテーマは…

関連記事

プロフィール背景画像
クジラノスズキカの画像
クジラノスズキカ
Author
週3日ゆるくブログを書く人/大学生のように生きる社会人/ブログ毎日更新300日達成済/2019年10月にアクセス数1万pv、収益12,000円を達成/私立文系で仮面浪人/一橋大学法学部卒/御朱印集め

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ブログ村ランキング投票

人気ブログランキング投票

FC2ブログランキング投票

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次