ブログのやる気が出ない時もあるが続けたいなら書くしかない

ブログのやる気が出ない時もあるが続けたいなら書くしかない

こんにちは。クジラノスズキカです。ブログを毎日更新していて、この記事で毎日更新113日目になります。通算113記事目です。

突然ですが、ブログを書くやる気が出ない時はありませんか?

ブログのやる気が起きない時、ありますよね。私も結構あります。

とはいえ、毎日更新していたり、「今日はブログ書く日」と決めていたりする時は、やる気が出なくても易々と諦めるわけには行きませんよね。

ブログのやる気が出ない時にブログ記事を書くのは難しいですが、コツをつかめば難しくないです。

現に、私はブログを書くやる気が起きない時もありますが、110日以上連続で毎日更新できていますからね。

本記事では、ブログを書く気が起きない時にどうすればいいか?について考えています。

本記事の結論としては、やる気が出ない日があるのは当然で、やる気が出ない日にサボれるように準備しておくことが重要ということを書いています。

詳しい内容については、本文で紹介します。毎日更新110日以上の筆者が使っている方法を惜しみなく公開していますので、ブログを書くやる気が出ない時どうすればいいか?悩んでいる方の参考になる記事になっていると思います。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

目次

ブログのやる気が出ない時もあるが続けたいなら書くしかない

やる気が出ないのは当然

まず、本記事の結論としましては、ブログを書くやる気が出ない日があるのは当然ということです。これについて、先日以下のようなツイートをしました。

今日は夕方からブログを書きました。

100日以上、毎日ブログを書いているわけですが、内訳としては

普通の日 70日
だるい日 30日

って感じで、30%の「だるい日」を、どう乗り切るかが難しいですね。

100日越えると「今更やめられないよね」ってなるのが強いですね。

という内容です。

上記のツイートの通り、何事においても、毎日やる気がある状態にすることは難しいです。イメージとしては、やる気のある日は70%しかなくて、30%くらいはダルい日っていう感じですね。

逆に、ブログを書く日が100%ダルいようでしたら、他のことをした方がいいと思います。嫌いなことを続けていても成果になりませんから。どうせ時間・労力を使うなら、自分のやる気のあることをした方がいいです。

70:30くらいが精神的にも健康だと思います。

メモ

・やる気ある日70%、やる気が出ない日30%くらいが普通

・逆にやる気が出ない日100%とかならやめた方がいい

継続したい理由は何か?を考える

では、30%のやる気が出ない日はどう過ごせばいいのでしょうか?

結論から申し上げますと、継続したい理由は何か?を考えることです。

継続したい理由はいろいろあると思います。「毎日更新をしているポジションがほしい」とか「サボらないように毎日更新したい」とかいろいろあると思います。

継続したい理由、すなわち「今日ブログを書かないといけない理由」があるなら、やる気が出なくても今日ブログを書くしかないです。

例えば、毎日更新のメリットは多いです。以下の関連記事にまとめていますので、あわせて読んでみてください。

逆に、今日ブログを書かないといけない理由がないなら今日休むのもありです。意地とかなんとなくでブログを書いても仕方ないですから。

まとめますと、「理由があるなら書く、理由がないなら書かない」ということで、単純に考えましょう。

メモ

・今日ブログを書く理由があるなら書く、理由がないなら書かない

やる気が出ない日に備えることが重要

むしろ、やる気が出ない日にサボれるように備えることが重要

鋭い読者の方々でしたら、「今日ブログを書かなくてはいけなくても書けない時どうすればいいか知りたい、精神論はいらない」と思ったことでしょう。

それについて、本記事の結論としては、とりあえず、私自身は万人がやる気を出す方法は知りません。ですので、やる気が出ない日にやる気を出すのではなく、サボれるように準備しておく方法を紹介します。

やる気が出ない日にブログを書く方法より、やる気が出ない日にサボれるように準備しておくことをおすすめしており、以下で具体的な方法を紹介します。

書ける日に書いておく

結論から申し上げますと、書ける日に書いておくことが重要です。

なぜなら、やる気が出ない日にブログ1記事を書くより、やる気がある日にブログ2記事書く方がはるかに簡単だからです。

例えば、ブログを毎日更新するなら、7日間で7記事書けばいいわけです。1日1記事書く必要はないです。

ですので、休日に1日2記事書いて、平日の5日間で残り3記事を書く方法もあるわけです。5日間で3記事なら簡単ですよね。

というように、やる気がある日に書けるだけ書いてしまい、やる気が出ない日は今日書かなくてはならない理由を探す。それでもやる気が出なくても書かなくて良いように、事前に記事の貯金を貯めておくことが重要です。

メモ

・やる気が出ない日に1記事書くより、やる気がある日に2記事書く

1日2記事書く方法

これから毎日更新を始める方や、すでに毎日更新をしていて苦しい方は、1日2記事書けるようにしておいた方がいいです。

1日2記事書くためには、以下の2つが鍵になります。

・前日の内に構成を書いておく

・1日2記事、できれば3記事をルール化

まず、「前日の内に構成を書いておく」ことについてですが、前日の内に構成を考えておけば、あとはタイピングするだけなので、翌日のパソコンの前にいる時間が楽になります。

例えば、私の場合は風呂に入っている時に翌日のネタを考えます。風呂の中はリラックスできるのでアイデアが思い浮かびやすいです。その後、風呂上がったら紙にブログ記事の構成をメモして寝ます。

ですので、翌日のブログ記事の構成が前日に決まっています。翌日のブログ毎日更新が前日の内に確定しているので、気が楽です。

ちなみに、風呂に入ること以外にもブログのネタ切れを解消する方法があり、以下の関連記事でまとめています。

次に「1日2記事、できれば3記事をルール化」については、完全に精神論ですが、意外と重要です。

1日1記事しか書けない人は1日1記事で満足している側面があります。実際、私も1日1記事が限界だと思っていた時は1日1記事しか書けませんでした。

しかし、「1日2記事、できれば3記事」と考えるようにしてからは、違和感なく1日2記事かけるようになりました。

1日2記事書く方法について簡単に説明しましたが、詳しくは以下の関連記事で書いていますので、興味ある方はぜひ読んでみてください!

というように、「ブログのやる気がある日に1日2記事書く、やる気が出ない日は書かない」というやり方の方が、「毎日1記事書く」より簡単だと思います。休みがないのはしんどいですよね。

ちなみに、私もしっかり休んでいます。1日2記事書けるので、やる気がある日に2記事書いて、やる気が出ない日はサボりますし、旅行に行く日はブログを書きません。

この方法で、私のブログ毎日更新は110日を越えています。無理ない方法でやるのが1番ですね。

メモ

・やる気に逆らわず、無理ない方法で続けるのが良い

ブログのやる気が出ない日をうまく乗り越えましょう

最後までお読みいただきありがとうございます。

読者の方々が、ブログのやる気が出ない日にどうすればいいかの指針を得られることに、本記事が貢献していましたら幸いです。

ブログはやる気が出る日に2記事書く、やる気が出ない日は書かないという方法の方が続きやすいです。やる気が出ない日に1記事書くより、やる気がある日に2記事書く方が簡単ですので。無理ない方法でブログを続けていきましょう。

気に入っていただけましたら、Twitterのフォロー、はてなブックマーク登録などで応援していただけると嬉しいです。

感想、質問などはコメント欄にて受け付けますのでお気軽にどうぞ!

プロフィール背景画像
クジラノスズキカの画像
クジラノスズキカ
Author
ブログ『全部、理想論ですけど。』の著者。ブログ毎日更新を200日以上続けています。200記事書いても月1,000円しか稼げませんでしたが、2019年10月に発生成果12,000円を達成。月10万円を目指しています。現在はブログを毎日更新しつつ、webライティングもしてます。Twitterもしています。一橋大学法学部卒。詳しい経歴などは以下のリンクより。

このブログで使っているWordPressテーマは…

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次